24歳男子大学生の愛人募集体験談

俺はもう二回も留年して、二年生をするのは三回目になる。だからこれから順調にダブらずに進級できたとしても
卒業するのは26歳だ。
ヤバイよな・・・て思う。
就職活動とか、どうするよ?めっちゃ不利じゃん。
遊びすぎちゃったよ。しかし、後悔はしていない。だって若い時しか遊べないじゃん。
20代後半や30代になってから遊ぶとか、マジ痛いから。ホントは10代の時に遊び倒して20代になって落ち着いて…というのが
理想なんだけど。それができなかったから仕方ない。

半ば開き直りながら、その日も六本木のクラブに行った。でも何だかいつもより気持ちが乗らなくて、オールはせずに途中で抜けた。
で、バーに行った。
そしたら、一人でお酒を飲んでいる女の人がいた。
30代くらいに見えた。お金持ちだというのが一目でわかった。持っているバッグや
服装がブランド物だったし、時計も高そうだったから。靴もいい靴を履いていた。
声をかけた。いつもだったらこんな年上はパスだけど、その日はいつもと違ったことをしたかった。
遊び気分だった。
それなのに、お酒を飲みながら話していたら意気投合し、お互い酔っていたこともあってか、そのままホテルに行ってしまった。

いやー、大人なのに何やってるんだ、俺たちは!

その女性Iさんは、セックスが終わると、俺に言った。

『私、ネットで愛人募集をしようかと思ったこともあったのよ。女なのに愛人募集を考えたって、もう最悪でしょ』

自嘲気味にいった。Iさんは既婚者だが夫とはもう何年も前に別居状態だという。

でも愛人って…

さすがに驚いたね。正直な人だと思ったよ。
愛人募集なんて単語、オヤジだけが使うものだと思ってたから。
でも、面白そうだと思った。ちょうどいま俺には彼女がいなくてフリーの身だった。
だから若い今しかできないことをするのも
いいなと思ったんだ。愛人してました、なんて、おじさんになったらいい笑い話のネタになるでしょ。

だから、じゃあ俺その愛人に立候補していいですか?って聞いたんだ。

そしたら、Iさんは少しだけ黙って、そして頷いた。いいわ、よろしくって、言われた。

こうして俺は人生初、愛人というポジションを手に入れた。

35歳主婦のJメール体験談

結婚して丁度5年になります。
結婚当初は、かなり仲が良くほぼ毎日の様に、夜は仲良くしていました。
しかし、主人は私より10歳年上なんです。
最近は、私からお願いしても疲れたと言って、相手にしてくれませんでした。
まだ35歳だし、私はまだまだしたいのに!という思いだけが大きくなっていました。

子供もいないし、パートには出てはいけないと言われるし、毎日悶々としていました。
唯一の楽しみは、主人が仕事に行っている間にパソコンを開いて好きなサイトを観覧する位でした。
たまに、興味本位で大人向けのサイトを見たりもします。
たまたま見つけたのが、Jメールという出会い系サイトでした。
少し覗いてみると、セフレ募集というのがあったのです。
確かに、セフレと割り切れば後腐れの無い関係ができるのでは、と思って早速Jメールを利用しました。
想像しているよりも、幅広い年齢の男性がいました。
主人にバレると困るので、既婚の男性を探しました。
まだ何もしていないのに、ドキドキしました。

Jメールではセフレを探している人はかなり多くて、探すとセフレ募集している人が結構いました。
その中で、気になる男性がいたのでメールのやり取りをしました。
その人も、奥様に相手にされなくて淋しいからと、セフレを探していたのです。
同じ気持ちだったので直ぐに仲良くなりました。
相手も35歳で、同年代というのも良かったのかもしれません。

メールを始めてから、一ヶ月後に会う事になりました。
主人は二日間出張で居ませんが、バレたらどうしよう!とずっと不安でした。
でも、彼に会った瞬間に嬉しさの方が勝ちました。
同年代ってこんなに若いんだ…って思いました。
彼は車で迎えに来てくれました。
オープンして間も無い綺麗なホテルに行きました。

彼は優しく扱ってくれました。
久々に男性の温もりを感じたからか、すごく感じてしまいました。
相性も良かったと思います。
彼はまた会いたいと言ってくれました。
主人は、月1で出張があるので、その度に会っています。
お互いに既婚者なので、秘密が守れるのも安心します。
ストレス解消になっているので、主人にイライラする事もなくなりました。

既婚 女性 35歳 主婦